ツイン代行スタッフブログ

飲酒運転で車両提供罪を初適用(山梨県)

山梨県内のニュース(山梨日日新聞から)/主要 2007年10月03日(水) 飲酒運転で車両提供罪を初適用 上野原署、女子大生を書類送検 上野原署が酒気帯び運転で摘発した大学生の軽乗用車に友人らが同乗していた問題で、同署は二日までに、大学生が飲酒運転をすると知りながら車を貸し たなどとして道交法違反(車両提供罪)の疑いで、上野原市内の女子大学生(19)を書類送検した。車両提供罪は九月十九日施行の改正道交法で新設され、県 内での適用は初めて。ドライバーが酒気帯び運転の場合は三年以下の懲役か五十万円以下の罰金が科せられる。 調べによると、女子大生は九月二十一日午前零時五分ごろ、同市内の駐車場で、上野原市上野原九二○ノ六、大学生清水達哉容疑者(20)=道交法違反 (酒気帯び)の現行犯で逮捕、同法違反容疑などで送検済み=に対し、飲酒運転する恐れがあることを認識しながら、自分の軽乗用車を貸した疑い。 女子大生は、九月二十日夜、市内の飲食店で清水容疑者らアルバイト仲間と酒を飲んだ後、仲間四人で約一キロ離れた自宅付近の駐車場へ徒歩で移動。その後、仲間を家まで送るため軽乗用車を清水容疑者に貸した。 清水容疑者は二十一日午前零時十分ごろ、同市松留の国道20号交差点で進路変更の際、後方から来た東京都内の男性(44)の乗用車と衝突、そのまま 逃走し、通報で駆け付けた署員に逮捕された。同署は清水容疑者を道交法違反(酒気帯び、ひき逃げ)、自動車運転過失傷害容疑で送検した。 県警交通指導課と同署が、軽乗用車に同乗していた女子大生のほか、二人に対する「同乗罪」について調べたところ、軽乗用車の所有者が女子大生と分か り、今月一日、甲府地検都留支部に書類送検した。一方、同乗罪の適用については、同乗者が清水容疑者に対して運転の依頼や強要をしていないとして、立件を 見送った。

代行運転のイメージを変える!!

私たちツイン代行サービスは代行運転のイメージを変えるべく日夜研鑽しております。運転代行サービスは どうしても夜のイメージが強くダーティーに捉えられます。また、一部の方、取分けよっぱらを相手にしたイメージが払拭しきれない部分があるように思いま す。しかしなら、最近では女性や若い方々の利用が多く、また、ファミリー層にまで浸透してまいりました。利用方法は多種多様であり、冠婚葬祭にまでご利用 いただける方もおられます。私たちツイン代行サービスはもっとブライトで公平で飲酒の方のみならず、病気で運転ができない方、地理に不案内な方、夜間運転に自信のない方をはじめ多くの方々にご利用いただくべく、広報をしております。代行運転は輸送業にあらず、サービス業と言うとら前方で運転代行に取り組んでいます。どうぞ、安心してご利用いただきますようお願いします。

食欲の秋到来です!!

朝夕めっきり過ごしやすくなった京都の一日、秋を感じる季節になりました。四季それぞれの移ろいを感じる京都もやはり秋は松茸のシーズンです。私の小さい頃は田舎の祖父の裏山で実際い松茸が生えているのを見たことがありました。京都の中でも丹波松茸は日本的に有名です。おそらくどこの地方よりも傘の張り具合、香りとも日本一であると思います。残念ながら祖父も他界をしていらい、松茸を口にすることも少なくなりました。昔から香り松茸、味シメジと言うくらいで味と言うよりも香りを嗅ぐことにより秋を感じたのだと思います。松茸の収穫量も年々減少して今では庶民の口にすると言うよりも料亭で味わう高級食材の一つです。近年地球温暖化により色々な所で弊害が出ています。しかし、松茸については、やはり林業人口の減少が一番大きいと感じます。昔は家に近くには里山があり、薪を拾ったり木々の下草を刈ったりと何かと山に行くことが多かったし、色んな事を里山から学んだものです。しかし、燃料も炭から石油に変わり人々は里山に行くことをしなくなりました。人間だけでなく、山に暮らす動物ですら人里に出没する始末です。やはり人間は快適な暮らしを手に入れた変わりに何かしら自然から学んだ大切な知恵を忘れたのだと思います。秋は収穫の宝庫です。昔から秋に祭りが多いのも収穫祭の慣わしと聞いています。秋を感じながら京都を散策して、美味しいものを探して見てはどうですか、きっとあなたに合った秋が見つかるかも…

ツイン代行サービスから素敵な香りのプレゼント。

平素はツイン代行サービスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。ネットからですが、深く御礼申し上げます。さて、ツイン代行サービスでは代行運転ご利用の一時間前までにお電話又はメールにてご予約いただいたお客様に先着100名様にもれなく栄光社製エヤースペンサー詰め替え缶、素敵な香りのプレゼントを実施しています。お疲れの現在人のお客様に、少しでも車内でリラックスしてもらえれば幸いと存じます。室内でフレグランステラピーをごゆっくりお楽しみください。数量は限定100個で す。数に限りがありますので、無くなり次第終了させていただきます。夏の疲れを車の中のひとときのフレグランスで心も体もリラックス!!をお楽しみくださ い。電話又はメールでの一時間前までにお早めのご予約職員一同心よりお待ち申し上げております。是非、お早めに!!                                      敬具

10月1日より衣替えしました!!

10月1日より衣替えです。暑かった夏も要約終息です。私たちツイン代行サービスはクールヴィズを実施してきました。少しでも地球温暖化防止に繋がればと行ってきました。でも、今年の夏は本当に暑く酷暑でした。お家の中にいても熱中症で倒れる人がでるくらい暑い夏でした。燃料消費を抑えるため、また、ひいては二炭化酸素を抑えることになるかもしれませんが、中々実際は代行運転を していても汗が流れる始末でした。やはり快適さに慣れた人類は汗をかくことを嫌うようになりました。地球には優しいですが、体には優しくないのが、実情で す。秋は大変過ごしやすい反面、体調を崩す時期でもあります。中でも夏の疲れで風邪を引きやすく、夏の疲労がこたえます。私たちは年中無休(正月三ヶ日を 除く)で代行運転サービスを行っています。体調管理には十二分に注意を払っていますが、現実は厳しい激務です。ただ単に営利目的だけだは語れないのが現状です。しかし、私たち代行運転業に携わるものがいることにより、痛ましい飲酒運転による事故が減るのを信じてそれを生き甲斐として日夜仕事に精進しています。みなさんもご自愛されて、決して飲酒運転をしない心構えで飲酒を楽しんでいただきたいと思います。食欲の秋にはお酒はぴったりかも…

運転代行の新しいスタイルの構築が必要不可欠です!!

改正道路交通法が公布され、早4日です。代行業者に取って追い風と思われる方が多いことでしょう。しかし、実際は都心では発展しにくいと言われた代行運転だけに、お客様がご依頼される時間帯がほぼ同様なこともあり、現実的には利用者にご不便を掛けているのが実情です。なぜって、それは運転代行の歴史にあります。地方から発展した運転代行は場所によってはタクシーよりも利用価値があるとも聞いています。それは、交通機関の未発達な所ほど、また、代行運転の距離が延びるため、業者としては、何とか採算が取れているのだと思います。山陰、四国、東北や北海道では大変代行運転が盛況なのも理解出来ると思います。しかしながら、京都のような都心では、公共交通機関やタクシーほ飽和状態なども相まって、中々代行の知名度が上がらない、また、一部の方のみの移動手段となっていることを実際運転代行に携わってみて痛感します。道路交通法の改正により、厳罰化がなされるのは当然ですが、一方では景気回復の低迷が続くなか、飲食店様に取っては客足が遠のき、売上低下は必至であります。そんな渦中、よく、店主様から、うちが代行運転の一部を負担してもいいから、飲みに来てほしいと言われる方があります。そこで、店主様、代行運転業者、お客様がそれどれ痛み分けをすることにより、(仮称)飲食代行パック(完全予約制)が出来れば良いと考えます。実際お客様のご利用人数が増えれば、一人当たりの負担額も軽減します。現にある飲食店様は代行運転ご利用されるお客様にキャッシュバックされているところもあります。やはり、先日も寝屋川市で飲食店主飲酒提供で 逮捕と報じられた様に実際に弊社では、かねてから飲食店様のご自衛のためにも弊社の…とホームべージでもご案内してきました。やはり、この法改正により、 飲食店経営が不振になれば、観光都市京都の税収の減少に繋がることも必至です。やはり、各階各層により、景気の低迷にも繋がり兼ねない現実を知り、新しい 形の飲食スタイルを考えていかなければならないと考えます。お客様の意識改革だけでなく、提供する側、送迎する側がそ れどれネットワーク化し、よりお客様が飲み控えられ、足が遠のくようにならない方策を構築することが、絶対的にまた、早急に必要だと考えます。これから、 年末に掛けてまた、新年にかけ親睦のための忘年、新年会が例年催されます。それすらも、取りやめになるようでは、職場 自身の親睦も図れないし、引いてはチームワークや、士気の低下に繋がります。それでなくても、年間3万人を超えるかたが自殺される昨今、人と人の談笑し、 分かち合える機会が減ることは大きな経済損失にも繋がると考えます。どんな形がいいのか、私たち代行運転業社も力を合わせ、個々の収益のみを考えるのではなく、連携強化を図り、利用しやすい運転代行サービスの提供ができるよう努力しなければならないし、代行運転の発展に互いに切磋琢磨し寄与していくこと考えていかなくてはならないと強く考えます。

大阪市寝屋川市で女性飲食店主飲酒提供で逮捕!!

車の客に酒、店の経営者逮捕…改正道交法で助長行為にも罰 9月21日3時3分配信 読売新聞 客が車を運転して帰ることを知りながら、酒を提供したとして、大阪府警は20日、大阪府寝屋川市池田、飲食店経営・西岡真理子容疑者(53)を道路交通法違反(酒類提供)の疑いで逮捕した。飲酒運転を助長する行為に罰則が設けられた改正道交法は19日に施行された。調べでは、西岡容疑者は19日深夜、経営する同市八坂町の飲食店で、客の男(45)が車を運転して帰ることを知りながら、生ビールを提供した疑い。男は帰宅途中、府警の検問を受け、同法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕された。西岡容疑者は「近くの駐車場に止めた車で帰るのを見送った」と、容疑を認めている。 最終更新:9月21日3時3分

運転代行でがばいばーちゃんに習うこと!!

最近テレビで昭和のよき風習について報道されるのを見かける。中でも、何時も懐かしく、自分自身の幼少の時代を反映した”がばいばーちゃん”には感銘を覚える。ご存じのとおり、がばいとは佐賀弁ですごいと言う意味だそうだ。漫才ブームの時代に活躍したB&Bの島田洋七さ んの幼少期昭和の良き日を製本化し、映画化された自伝である。中でもばーちゃんの色んな名言はなにかしら懐かしく、よく近所のおばーさんが、また、自分の 親戚のおばーさんが似たようなことを耳にした記憶があるように思う。その中の名言をかいつまんで特に印象的なのは、・貧乏には二通りある。暗い貧乏と明る い貧乏。うちは明るい貧乏だからよか。それも、最近なったのと違うから、心配せんでもよか。自信を持ちなさい。うちは、先祖代々貧乏だから。・人に気づか れないのが本当の優しさ、本当の親切。・人間は死ぬまで夢を持て。その夢が叶わなくても、しょせん夢だから。・通知表は0じゃなければええ。1とか2とか 足していけば5になる。人生は総合力。などである。本当におばあちゃんの知恵袋とはよく言ったものであるし、関心させられる。やはり年の功であるだけでは なく、このおばーちゃんは、温故知新の精神と豊富なアイデアと人並み外れた洞察力の持ち主である。私もまだ駆け出しの代行屋であるが、がばいばーちゃんの 一説のとおり死ぬまで夢は持ち続けたいと思う。人に親切をサービスと置き換えると同じことが言えるかもしれない。サービスはこれをやってますと公言するよ りも相手に気づかれないにさりげなくするこが、本当の真心のこもったサービスなのかもしれないと考えさせられた始末である。私も人と人のつながりの中で商 売をさせてもらっている以上、何事に対しても真剣に、誠心誠意取り組んで行きたいし、先人の知恵を拝借しながら、新しい自分自身の形(ツインスタイル)を作って行きたいと考える。それが、私が今生きている存在証明なのだから…

運転代行のあらたな活用方法見つけたり!!

酷暑の夏も要約終息かなって思ったら、残暑厳しい暑さの京都の一日でした。最近、若い方、女性同士、友達同士の結婚式後の二次会でのご利用が増えたように思います。大旨はご結婚式の後、ブライダル会場や京都市内のホテルから二次会会場の近くの駐車場までの運転代行が多いです。中でも地方からのお客様であるため、地理に不安内であるばかりでなく、駐車場を見つけるのも一苦労だと、ご利用されるお客様が口をそろえておしゃられます。私も業務時間外に京都市内の空いている100円Pなどを探しに出かける始末です。せめて地方、市内のお客様を問わず、二次会の最寄りの駐車場をご案内することも代行運転のサービスの一環であると考えます。また、お客様が弊社をご利用いただける一つの選択肢となれば幸いかなって考えております。たばこの広告ではないけれど” 心使いも味のうち”だと思います。お客様に取って知りたいことは、我々の日常生活の中にあるものかもしれません。かゆい所に手が届くまでは中々行きませんが、少しでもお客様に喜んでもらえることを実践して行きたいと感じました。京都に来ていただける方々が、少しでも京都を知ってもらうために見聞をひろげておかなければならないと考えます。ただ単にお客様との会話に迎合するだけでなく、正確な情報を利害関係なしに伝えることが、引いては代行運転の発展に繋がればこんなに素晴らしいことはありません。お客様が二次会の会場までご友人同士で相乗りをされ、各自の金銭負担を軽くする、代行料金シェアリングをする方には、弊社としましても些少ですが、弊社のサービスを適用させていたくことにより、ご負担額を少しでも下げられるよう努力して行きたいと考えます。是非、ご利用お待ちしております。

代行運転に誇りを持つべし!!

先日、あるお子様連れのファミリーにご利用をいただきました。お名前をお聞きすると、リピーターのお客様であった。運転手さん、この前の運転手さんじゃないわね。この前の方も運転代行してもらったのですが、非常に安全運転で、乗り心地も良かったので、また、頼みましたってことであった。代行運転ってもっと荒い運転かなって思ったけどめっちゃ×?安全運転してもらって、安心してマイカーを運転してもらえた。これからも運転代行を頼むので、覚えておいてなってことでした。ほんまに代行運転してもらって助かるわ。私たち代行運転に携わる者としてこんなに嬉しい言葉はありません。一番の褒め言葉でした。また、これからも頑張って行こうと言うバイタリティーをいただいたように嬉しく感じました。そのお客様もでしたが、よく、福岡市の元職員の飲酒運転による事故の事例をだして、やっぱり、飲んだら運転代行に限るなっておしゃられるお客様が増えたように思います。なんぼ代行運転が高い言うても100万もとられんやろ、それに比べたらお金には換えられんと言ってくださるお客さまもいらしゃいます。私たち代行運転に携わるものとして、誇らしく感じる瞬間はありません。私たち運転代行に携わる者として、社会的貢献のできる仕事だと自負しております。ただ、お客様のお車を送迎させていただくのでわなく、安全、安心を提供することにより、お客様の生命、財産を運ばしていただいているのだと考えます。公共交通機関としての位置づけはまだまだですが、少しでも、一回でもご利用いただけるお客様に生命、財産を委ねていただけるだけの責任ある仕事をしていきたいと考えます。タクシーと同じ使い方はできないけれど、代行運転には運転代行のよさがあります。それを一人でも多くのお客様に体感してもらえるよう代行運転業に精進していきたいと決意あらたにハンドルキーパーとして末永く頑張っていきます!!

本文を翻訳

リンク

スタッフブログ

‹ Previous1234567Next ›Last »