ツイン代行スタッフブログ

歴史の街京都をマイカーで観光しませんか?

京都に観光でお越しの御客様に朗報です。ご自身のマイカーで京都観光できないかとのお問い合わせを多く頂戴します。そこで、ツイン代行サービスでは、自家用自動車限定観光運転業務を請けさせていただきます。事前にお客様にご要望などをお聞きしてコースご提供するもよし、ツイン代行サービスにお任せいただくのもよし、お客様のご希望とことん叶えます。簡単なご案内もさせていただきます。平日限定の完全予約制での承けたまわりとなります。お気軽にお問い合わせください。詳しくはコチラをクリック‼

車両回送サービスがお得です‼

急な引っ越しで大切なマイカーを他府県まで届けて欲しい。そんな時、ツイン代行サービスにお任せ下さい。当社では、他社と違い、平素に国産、外車を問わず、お客様のお車を運転しているプロドライバーが丁寧に運転します。詳しくはコチラをクリック!!して下さい。

運転代行ドライバー急募‼!

ツイン代行サービスでは、運転代行ドライバーを募集しています。マイクロバス等の運転を不定期にお願いできる方で、誠実で社会人としての良識がある方ならどなた様でも歓迎です。但し、予め目的地を示しますので、経路を調べて頂き、主に往復運転をお願いします。比較的、自由な時間が多く、目的地で待って頂き、再度出発地に戻って頂ます。詳しくはこちらをクリック‼して下さい。

さらに便利に‼+さらに快適に‼クレジットサービス開始

お待たせしました。クレジット決済開始‼ 当社では、従来のタクシーチケットからクレジットサービスがご利用頂けるようになりました。タクシーチケットと合わせてご利用下さい。お支払がさらに便利に!さらに快適に!ご利用心よりお待ちしております。

運転手派遣サービス好評です‼!

お車はあるけど、運転手がいない。そんなお悩みありませんか?貴方に代わってプロどらいばーが運転代行します。ご利用方法はお客様のご自由です。こんな所行きたい!あんな所行きたい‼お客様の夢叶えます。貴方の街のリリーフドライバーツイン代行サービスにお任せ下さい。詳しくはコチラをクリック‼

佐賀で私立高教諭が飲酒運転事故 同僚と懇親会後!!

佐賀で私立高教諭が飲酒運転事故 同僚と懇親会後 2008.4.24 22:45 このニュースのトピックス:自動車事故 佐賀県鳥栖市村田町の国道34号で23日午後10時20分ごろ、私立佐賀学園高校(佐賀市)の男性教諭(48)=鳥栖市=の軽乗用車が、信号待ちをしていた同県吉野ケ里町の自営業男性(41)の乗用車に追突した。男性と中学3年の娘(14)が首に軽いけが。 教諭の呼気から1リットル当たり0・15ミリグラムのアルコールが検出され、鳥栖署は24日にかけて自動車運転過失傷害と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで事情を聴いた。書類送検する方針。 調べでは、教諭は1年生の学年主任。佐賀市内であった同僚教諭十数人との懇親会で生ビールを1、2杯飲んだ後、帰宅する途中だった。

運転代行頼みながら…酒気帯び運転 君津市職員摘発!!

運転代行頼みながら… 酒気帯び運転350メートル 君津市職員摘発 4月26日7時51分配信 産経新聞 千葉県君津市は25日、保健福祉部の男性主事(29)が酒気帯び運転で摘発されたことを受け、停職2カ月の懲戒処分にしたことを明らかにした。 男性主事は19日、木更津市の居酒屋で飲酒後、運転代行業者の運転で君津市の自宅付近まで行きながら、駐車場までの約350メートルを自分で運転した。「駐車場に縦列駐車しなくてはならないため、自分で運転してしまった」などと話しているという。警戒中だった県警交通機動隊に呼び止められ、飲酒運転が発覚した。

飲酒運転:安堵中の校長、三重県警が検挙/奈良発!!

飲酒運転:安堵中の校長、三重県警が検挙 /奈良 4月27日17時1分配信 毎日新聞 安堵町立安堵中学校の校長(55)が飲酒運転などの疑いで三重県警に検挙されていたことがわかった。校長は自宅謹慎中で、県教委が処分を検討する。 町教委によると、校長は同校の創立記念日の代休だった23日、三重県内のゴルフ場で昼食時に飲酒。自家用車を運転して帰宅途中だった同日午後4時ご ろ、同県内の国道で同県警に道交法違反(酒気帯び運転、速度超過)の疑いで検挙された。校長は「酒は抜けたと思って運転した。甘かった」と町教委に経緯を 報告したという。 町教委の中川克己教育長は「教諭らには今まで以上に厳しい自覚を持つよう伝える」と話している

福岡市職員また飲酒事故、再発防止策公表の翌日に!!

福岡市職員また飲酒事故、再発防止策公表の翌日に 福岡市の吉田宏市長は18日、同市中央区役所納税課の森下久敏主査(59)が16日夜に飲酒運転で人身事故を起こしたと発表した。幼児3人が死亡した2006年8月の事故以降、市職員による飲酒運転事故は3件目。 生活保護費の詐取など市職員の不祥事が相次いだことから、市は事故前日の15日に再発防止策を公表したばかりだった。防止策の前倒しや見直しを検討し、森下主査を懲戒免職とする方針。 市によると森下主査は16日午後10時半ごろ、バイクで帰宅中、同市南区若久6の三差路を左折した際、横断歩道を歩いていた近くの男性(63)に接 触、頭や肩、腰などに軽傷を負わせた。森下主査が110番し、福岡県警の飲酒検知で呼気1リットル中0・2ミリ・グラムのアルコール分が検出された。 森下主査は勤務終了後、午後7時ごろから約30分間、中央区天神の飲食店で1人でビール中瓶2本を飲んだ。同10時10分ごろまで天神を歩いたり、バイクを止めていた西鉄高宮駅の構内ベンチで休んだりした後、同県那珂川町の自宅に帰ろうとしていた。 森下主査は市の調査に「飲み始めた時は運転して帰るつもりはなかったが、時間がたって酔いがさめたので大丈夫だと思った」と話しているという。昨年8月、市が全職員に信頼回復への取り組みなどを書かせた「個人シート」に、森下主査は「普段からの心構え」と書いていた。 上司の納税課長は17日未明、県警の連絡を受け、森下主査を引き取ったが、18日朝まで市に報告しなかった。 (2008年4月19日 読売新聞)

京都の交通事故発生状況(平成20年1〜3月中)

交通事故発生状況(平成20年1〜3月中) 交通死亡事故の特徴 発生件数、負傷者数いずれも減少、死者数は増加 1〜3月中の交通事故発生件数は3,990件(前年同期比−204件、−4.9%)、死者数は23人(前年同期比+3人、+15.0%)、負傷者数 は4,831人(前年同期比−252人、−5.0%)で、発生件数、負傷者数はいずれも前年同期より減少し、死者数は増加しました。 死者数23人中12人が歩行中 1〜3月中の交通事故死者数は23人です。23人がどのような状態で死亡されたかをみると、歩行中12人、自動車乗車中4人、自動二輪車乗車中4人、自転車乗用中2人、軽車両運転中1人となっています。 なお、夜間の事故による死者は23人中17人で、前年同期より8人(88.9%)増加しました。 死者数の7割強が高齢者 1〜3月中の死者数23人のうち、高齢者(65歳以上)が17人(73.9%)です。高齢者の交通事故死者17人のうち、歩行中の事故が11人(64.7%)であり、更に、昼夜別にみると、17人中の13人が夜間の事故で死亡されています。 京都府警察HPより

本文を翻訳

リンク

スタッフブログ

12345Next ›Last »