京都の交通事故発生状況(平成20年1〜3月中)

2008年 4月 14日 カテゴリー»お知らせ

交通事故発生状況(平成20年1〜3月中)

交通死亡事故の特徴

発生件数、負傷者数いずれも減少、死者数は増加

1〜3月中の交通事故発生件数は3,990件(前年同期比−204件、−4.9%)、死者数は23人(前年同期比+3人、+15.0%)、負傷者数 は4,831人(前年同期比−252人、−5.0%)で、発生件数、負傷者数はいずれも前年同期より減少し、死者数は増加しました。

死者数23人中12人が歩行中

1〜3月中の交通事故死者数は23人です。23人がどのような状態で死亡されたかをみると、歩行中12人、自動車乗車中4人、自動二輪車乗車中4人、自転車乗用中2人、軽車両運転中1人となっています。

なお、夜間の事故による死者は23人中17人で、前年同期より8人(88.9%)増加しました。

死者数の7割強が高齢者

1〜3月中の死者数23人のうち、高齢者(65歳以上)が17人(73.9%)です。高齢者の交通事故死者17人のうち、歩行中の事故が11人(64.7%)であり、更に、昼夜別にみると、17人中の13人が夜間の事故で死亡されています。

京都府警察HPより

飲酒運転でひき逃げ 甲賀署、容疑で男逮捕!!
福岡市職員また飲酒事故、再発防止策公表の翌日に!!

本文を翻訳

リンク

スタッフブログ